ホテルに就職すると毎日どれくらい英語を話しますか?

ホテルによって大きく異なります。地方のリゾートホテルでは、英語を使うことは殆どありませんが、外資系を中心とするシティホテルや日本の有名な観光地域(北海道・沖縄・京都等)にあるホテルなどでは、一日の接客のほとんどが英語になるという場合もあります。近年では、8割のお客様が外国人で、英語は必須といわれますが、今、現時点で英語が話せなくてはいけないわけではありません。在学期間を通し、しっかりと学んでまいりましょう。在学中は、ホテルでのアルバイトも始めますので、英語の必要性も、肌で感じることが出来るはずです。。英語がほとんど話せなくてもホテルによっては就職する事は可能ですが、英語を話すことができれば接客・対応力の幅が格段に広がりますし、自己の将来の成長や出世を考えると、英語が話せると確実にプラスに作用してきます。