ホテルでは、どんな仕事がありますか?

専門学校生が卒業後に配属される部署は主に「宿泊部門(フロント・ベル、ドア、コンシェルジュ)」と「料飲部門(レストランサービス、バーテンダー、宴会のサービスや営業)」です。
最近では、宿泊客の半数以上が外国人、というホテルがほとんどです。ホテルの仕事では正しい日本語を使うことが必要であり、外国人のお客様と英語で話しをすることも多く、言葉使いをはじめ、身なりや立ち居振る舞いも常に印象良く意識することが大切です。
※職種や仕事の呼び方はホテルによって異なることもあります。

ホテルコース

どんな資格を取得しますか?

ホテル業界に直結している国家資格は、「レストランサービス技能検定(国家資格)」です。
その他には、サービス介助士検定(2級)、サービス接遇検定(準1級)、実用英語技能検定(2級以上)、TOEIC(600点以上)、Word文書処理技能認定(2級以上)、Excel表計算処理技能認定(2級以上)などが入社後に役立つ資格であるため、在学中は一生懸命資格取得に励みましょう。

ホテルコース

人気の授業は何ですか?

「レストランサービス実習」と「フロントオフィスサービス」です。専門学校生が卒業後に配属される料飲部門と宿泊部門について学ぶ実技中心の授業です実技中心なので、放課後のアルバイトでも活かせるインプットとアウトプットを重ね、確実に力を付けられる授業です。

ホテルコース

インターンシップは行っていますか?

はい、本学ホテルコースの2年制で行っています(3年制コースは、入学後ホテルでのアルバイトを実施します)。
国内インターンシップは、毎年1年生の夏休みに実施しています。入学から4ヶ月ではありますが、この早期の段階で現場を体験できることがとても意味のあることと考えています。
過去には、インターコンチネンタルホテル大阪、ホテルグリーンプラザ白馬、ホテルユニバーサル ポート、ホテル京阪ユニバーサルタワー、ホテル阪急インターナショナル、ハイアットリージェンシー京都、ルネッサンスリゾート オキナワ、ザ・ブセナテラス、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ、ホテルグリーンプラザ軽井沢、リゾートトラスト エクシブ鳥羽、(順不同)など全国各地でインターンシップを行っています。

ホテルコース

実際のホテルを見学することはできますか?

本学の授業内では「ホテル見学」「ホテル宿泊研修」というものがあります。
ハイアットリージェンシー大阪、ウェスティンホテル大阪、ホテル京阪ユニバーサル
タワー京都(宿泊研修)、ディズニーアンバサダーホテルなどに行っています。※年
によって実施ホテルは異なる可能性があります。
また、ぜひ気になるホテルがれば一度一人で見学に行ってみることをおススメしま
す。どんな雰囲気でどんなスタッフがいてどんな風に働いているかなど、お客様目線
で行ってみて分かることもたくさんあると思います。

オープンキャンパス・説明会について

海外のホテルでインターンシップはできますか?

はい、できます。海外インターンシップ/ホテル専攻(3年制)で行っています。1年次は、ホテルの専門知識や技術、そして英語を学内(日本)で学習します。
2年次には、ニュージーランドかグアムでインターンシップを体験します。帰国後3年次は、質の高い就職サポートで就職活動に励み、即戦力と英語力を身に付けたホテリエと成長を目指します。
※グアムへの海外インターンシップには英検2級以上・TOEIC600点以上の英語力が必要です。
※海外でのインターンシップを希望の場合は「海外インターンシップ/ホテル専攻(3年制)」へのご入学をお考え下さい。

ホテルコース

治安はどうでしたか?危険に感じることはありましたか?

留学中は、特に怖い思いをすることなく過ごせました。私はあまり1人で出かけないようにしたり、夜に出かける事は控えていたりしました。図書館やカフェでスリにあったという話を聞いたので、鞄を膝に置いたり、財布や携帯電話などの貴重品を出しっ放しにしたりしないように気をつけました。日本にいる時よりも注意を払いました。

語学留学コース

携帯電話やインターネットはどうしていましたか?

日本から携帯を持っていきました。ずっと機内モードにしていたので通話はできませんでしたがWi-Fiが使える場所ではLINEで日本の両親や友達とやりとりしていました。Wi-Fiは、学校・ホームステイの家・カフェなどで使う事ができました。現地でプリペイド携帯を購入しました。携帯ショップには日本人のスタッフもいました。ホストファミリーや現地の友達とは、現地で購入したプリペイド携帯で連絡をとっていました。

語学留学コース