英検の問題を伝言ゲームで学ぶ?! 総合英語コース

2015年1月28日 総合英語

20150128

総合英語コース/総合英語専攻1年3組担任の森田真です。
 
今月は英語力向上月間ということで、総合英語コース/通訳専攻・翻訳専攻担任の竹本晃先生に「ゲームで英検」の特別授業をお願いしました。
 
2チームに分かれて、ホワイトボードに貼られた英検の問題を伝言ゲームのようにゴールにいる書記に伝えていく形式で、スピードと正確さとチームワークが求められるユニークなゲームでした。
 
このゲームは一見単純に見えるのですが、多くの意味を含んでいます。
(1)声に出して伝えることで、「発話」を意識させてくれます。
(2)情報を正しく伝えるためには「発音」にも意識が及びます。
(3)伝言を通してRetention Skills「記憶力」を高めてくれます。
(4)効率的・効果的に情報を記憶する上で、「意味の塊・切れ目」を意識できます。
(5)発音ができなくても、「綴りを伝えることで、最低限のコミュニケーションが取れる」ことがわかります。
(6)書記は「音」だけを頼りに、自分の知識と結びつけ、文を正確に書き起こすことで「総合力」がつきます。
 
この授業はまさしく「教師はfacilitator(進行役)に徹するstudent-centered(生徒中心)の授業」の模範となるものでした。生徒たちの表情も生き生きして、英検前の良いトレーニングになりました
 
授業の最後に竹本先生は、
 
「資格・検定試験はあくまでも第三者に英語力を明示するためのツールです。一つ一つの学ぶ「過程」を大切にしていれば、いつか結果としての「合格」がついてきます」
 
ということを強調されていました
 
竹本先生から「熱いメッセージ」をいただき、さらに前向きになれた1年3組でした。

 

 

____________________

 

◆◆ 英語力No.1!ECC国際外語専門学校 ◆◆

_____________________

 

 

オープンキャンパス開催日程

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『オープンキャンパス』

 

⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから
_____________________

 

 

 

資料請求受付中!>>資料請求フォーム