エアライン韓国研修に行って参りました!②

2017年1月13日 エアライン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エアラインコース担当の斎藤です

エアラインコースの恒例行事 「エアライン韓国研修」についてのレポート第2弾です

 

12月22日
2日目はいよいよ待ちに待った、アシアナ航空訓練所に入所です
到着後、担当してくださるアシアナ航空チーフクルーのク教官による朝礼が始まりました。

ク教官はアシアナ航空18年目でいらっしゃいます。全身からアシアナオーラが発せられ、韓国語と英語での授業に戸惑う暇もなく学生たちはアシアナの魅力に惹きこまれていました
毎年カラーが違うECC国際外語学生たち、今年は教官の眼にはどう映るのでしょうか?普段にも増して緊張し、表情がこわばる学生に、私が冷や汗・・・でしたみんな~笑顔笑顔
この日は「IMAGE MAKING」と「MAKE UP/HAIR SET」についてしっかりと学び、一歩でもアシアナCAのイメージに近づいてから憧れの制服着用です

 

「IMAGE MAKING」とは、自分のイメージを上げ、良い印象を他人に与えるためには何が必要かを考える授業です。人間の印象は会って数秒で決まると言われています。

大半を占めるのが「見た目の印象と声の印象」です。実は面接でも同じです。

表情や挨拶の声のトーンであなたの印象はぐっと違ってきます。
自然に笑顔がこぼれるような表情がでると印象はググッと上がります。学生たちの笑顔は???

 

「MAKE UP/HAIR SET」に関してはアシアナメイク・アシアナヘアーと言う言葉がエアライン業界で存在するほど、独特なこだわりがアシアナ航空にはあります。

特にヘアスタイルに関しては、近年JALもANAもこのアシアナスタイルをマニュアルに取り上げています。シンプルにタイトにまとめあげるヘアスタイルはまさにサービスのプロといった印象ですECC国際外語でも就活時にはこのスタイルを勧めています。
メイクに関しては美容大国である韓国のメイクは徹底的に下地つくりにこだわります。下地→UVカット→コンシーラー→粉→ファンデーション(薄い色)→ファンデーション(濃い色)→粉とそれぞれブラシで丹念に顔にのせていくイメージです。

アシアナメイクでは色はあまり使いません。日本の航空会社ではオレンジのチーク、パープルかグリーンのアイシャドウ、赤みの強い口紅を使うのが主流ですが、考え方がまったく違います。

素肌に見えるように丹念に下地を作り(なんと下地だけで90分かかる方もいらっしゃるそうです)眉をしっかりと描くのが特徴です
ECC生も違いに戸惑いながらも、一生懸命自分を創り上げていきます

 

制服を着用し、アシアナCAになりきり、パシャッと記念撮影
写真の出来栄えはいかがでしょうか

____________________
 
◆◆ 英語力No.1!ECC国際外語専門学校 ◆◆
_____________________

 laugh オープンキャンパス開催日程  laugh

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『プレミアムオープンキャンパス』(高校2年生対象)

2月12日(
開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)
⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから

___________________

『オープンキャンパス』(高1~3年対象)

1月14日()・29日(
2月18日(

開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)
⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから

___________________

  『大学編入説明会』

1月14日()・1月29日(
2月18日()・25日(

開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)

⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから
___________________

 『エアライン説明会』

1月14日()・29日(
2月18日(

開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)

⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから

資料請求受付中!>>資料請求フォーム