成田空港研修!

2017年3月1日 エアライン

オープンスポットから大阪に帰りました

エアラインコース担当の斎藤です

 

2月23日(木)に、「成田国際空港研修」を行いました。

成田国際空港」というと関西の方にとっては何か遠い存在に感じませんか
国内線で東京に行くときには羽田空港を利用しますし、国際線では関空から出発することが多いですよね。
エアラインの学生たちの中にも「成田国際空港」を訪れたことがない者が多くいました。実際に就職活動を進める上で、一度目にして感じたのと、そうでないのとでは大きく違います。学生たちにまずは「成田国際空港」の大きさ、グローバル感を感じて視野を広げてもらいたいというのが私たちの思いでした

 

当日は伊丹空港 8:00発JAL3002便にて成田に向けて出発しました。この3002便は、私も現役CA時代に度々乗務していたのですが、JAL国内線の中では異色の便です。なぜなら、この便の利用者の多くは成田から海外に乗り継がれるお客様であり、外国の方の搭乗率がかなり高いからということと、何より使用している飛行機に大きな違いがあるからです。

3002便の飛行機は成田到着後、多くの人が関わり搭載品のみならず税関書類などすべて国際線使用に変更されます(航空用語で外変といいます)

 

 

そのような理由で、他の国内線飛行機で見ることのできない国際線「ファーストクラス」や「ビジネスクラス」の座席を間近で見ることが出来るのです。この日、ファーストクラスはない設定の機材でしたが、ビジネスクラスプレミアムエコノミークラスという特別なシートを見学できました。ギャレー(台所)も格別に広く、偶然にも私たちの座席付近には「クルーバンク」といってCAが長距離路線で仮眠をとる場所への入り口もありました

 

 

学生たちは1年生の後期にCA STUDY/GS STUDYに分かれて、CAやGSの仕事について学習する機会があります。したがってフライトの流れなどは多少頭に入っているものの、実際に学習したことが目の前で行われていることに興味津々でした。揺れもあるフライトコンディションでしたが、CAの方々は迅速・的確に、しかし決して笑顔を絶やさず仕事を進められていました。その姿に「プロ」を感じました。

 

飛行機は定刻に成田国際空港到着です

 

成田ではターミナルの端から端まで実際に歩いてみて、その広さと様々にちりばめられた日本らしさを感じてくれたと思います。特にプライオリティゲスト(お身体に障がいを抱えられた方や妊婦の方など)をお迎えする
カウンターが広く設けられていることや出発便を示す電光掲示板の大きさに驚きました

 

学生たちはそれぞれの想いを深く心に刻んでくれたことと思います。
人生の中で多くのことを見て、触れて、感じて、自分なりの感想を持つことでその後の人生は大きく変わるはず

 

これから本格的な就職活動が始まります。今年も多くの幸せなニュースがお伝えできることを楽しみにしております

 

____________________
 
◆◆ 英語力No.1!ECC国際外語専門学校 ◆◆
_____________________

  オープンキャンパス開催日程 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『プレミアムオープンキャンパス』(高校2年生対象)

3月5日()・3月19日(

4月9日()・4月23日()・4月29日(土祝
開催時間 11:00~16:30(受付10:30~)
⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから

___________________

『オープンキャンパス』(高1~3年対象)

3月4日(
開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)
⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから

___________________

  『大学編入説明会』

3月4日()・11日()・16日(木)・22日(水)
開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)

⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから
___________________

 『エアライン説明会』

3月4日(
開催時間 14:00~17:30(受付13:30~)

⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから

資料請求受付中!>>資料請求フォーム