チェルノブイリの子ども達にクリスマスカードを!

2013年7月19日 総合英語

1373956233_1

総合英語コース1年2組、3組、4組の地域貢献実践(サービスラーニング)の授業を担当している森田真です。今回は、NPO法人チェルノブイリ救援・中部のクリスマスカードキャンペーンに参加しましたlaugh
 
1986年4月26日、旧ソ連ウクライナ共和国でチェルノブイリ原発事故が発生しました。
放出された大量の放射能が、人々の生活に暗い影を落としました。
 
事故から26年経った現在でも、内部被爆や土壌汚染に苦しむ多くの人々がいます。
そこで、目に見えない恐怖と闘う子供たちに、温かい想いをこめてクリスマスカードを贈るというキャンペーンです。
 
カードに書く文字は英語かウクライナ語です。
 
このカードが届くのは12月ですが、今は暑さ厳しい夏。
「夏にクリスマスカード?」という違和感を感じながらも、
スマホでデザインの見本を見ながら、みんな黙々と作業に取り掛かりました。
 
出来上がりのクオリティの高さにびっくりしました。
きっと受け取った子どもたちは喜んでくれると思います
 
 
地域貢献実践(サービスラーニング)の授業とは…
コースの専門性を活かして、どのように地域貢献が出来るかを考え、実践していく取り組みです。社会の問題に取り組み、地域の人たちや様々な人たちと関わることで、「人間力」を身につけます。専門性を活かして社会の人たちを笑顔でいっぱいにして、自分も成長できる、まさに一石二鳥の取り組みです。

 

 

____________________

 

◆◆ 英語力No.1!ECC国際外語専門学校 ◆◆

_____________________

 

 

オープンキャンパス開催日程

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『オープンキャンパス』

 

⇒⇒ お申し込み・詳細はコチラから
_____________________

 

 

 

資料請求受付中!>>資料請求フォーム