【海外留学】お好み焼きパーティで“日本の味”を紹介@ワシントンDC

2009年6月5日 語学留学

687_1

ワシントンDCで “お好み焼きパーティ”

 

語学留学コースの卒業生が9月から2年間、オペアプログラムでアメリカのワシントンDCに滞在しています。シリーズで最新情報をお届けします。
今回はお好み焼きパーティの様子が届きました!

★★★長瀬さんからの「オペアプログラム」レポート★★★
お好み焼きパーティーをしました!キムチやチーズもいれましたよ?>c<
みんな美味しい、美味しいと食べてくれました!大成功でした??☆
お好み焼きの粉やソースなどもアジアの食材が売られてる ’Hmart’ という韓国系のスーパーマーケットでほとんど揃うんです!

Washington, DC より
Chika
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【オペアプログラムって何?】
アメリカ合衆国国務省認定の異文化交流プログラム。アメリカの一般家庭に1年間(最長2年間)滞在しながら、ホストファミリーの子どものお世話をします。
ホストファミリーは、異文化交流に関心があり、諸外国からのオペアをファミリーの一員として暖かく迎えることが条件となっているため、ただ単に家事や育児を行うだけではなく、ホストファミリーとのふれあいに満ちた経験をすることができる人気のプログラムです。

【語学留学・正規留学・オペアプログラムなどに興味のある方へ】
オープンキャンパスでは、留学に必要なスキルや資格、留学先での生活などについて、詳しくお伝えしています。ぜひご参加ください!
1日まるわかりオープンキャンパス