• 留学生の方はこちら
    • 日本で専門知識を学びたい!
      留学生専門課程
    • 日本語を学びたい!
      日本語学科
    • 日本の専門学校・大学・大学院進学を目指す!
      国際コミュニケーション学科
  • 学校について

  • 英語の学び

  • コース

  • 就職・進路

  • 入学案内

  • 資料請求

  • 交通
    アクセス

こども教育コース

カリキュラム

Course’s curriculum

1週間のタイムテーブル(例)

Mon Tue Wed Thu Fri
1. 9:15~10:45 こども学概論 IA 憲法 IA
2. 11:00~12:30 英検®/TOEIC® IA こども理解の理論
と方法 IA
音楽 I 理論 IA 教職論 IA 英検®/TOEIC® IA
3. 13:30~15:00 発達心理学 IA 保育原理 IA 英検®/TOEIC® IA 造形 IA 文章トレーニング IA
4. 15:15~16:45 児童英語教授法 IA 健康科学 キャリアデザイン
(基礎) IA
5. 17:00~18:30

※タイムテーブルは2019年度例で変更される場合があります。

カリキュラム

共通英語科目一覧
科目名 科目概要
Intensive English Studies 当該科目Intensive English Studiesは週4回(Function Focus, Listening Focus, Grammar Focus, Voice)テーマ完結型の授業を展開します。基本的に授業は全て英語で行われます。この授業では、基本的な文法を確認しながら、機能表現を学習し、4技能を強化します。様々なトピックや場面においてやりとりや自分の考えを発信できるようになることを目標とします。
Contemporary Issues 週4回(Discussion, Reading, Writing, Voice)1テーマ完結型の授業を展開していきます。授業は全て英語で行われます。4技能(聴く・話す・読む・書く)の習熟に加え、様々なアクティビィティーを通して、調べ、考え、自分の意見を伝えるといった活動を実践し、論理的思考力および批判的思考力を養います。この授業では特にペアワークやグループワークを通じ、自分の意見を英語で発信していく力を養います。
英検® 受験級の問題演習を通して、当該検定試験の合格を目指すと同時に総合的な英語力の向上に取り組みます。
TOEIC® TOEIC®の問題の解き方、時間配分などのテクニックを徹底的に身に付ける戦略クラスです。
News in English 社会問題のテーマを元にディスカッションを行います。
International Relations 時事問題の背景、影響、解決方法などをディスカッションします。
Sociology 社会制度や社会の変化について学習します。

こども教育コース[ECC国際外語カリキュラム]

児童英語科目
科目 内容
児童英語教授法 レッスンプランを習得、デモンストレーションを行い、卒業後すぐ児童英語教師として授業が持てるよう訓練します。
実習指導科目など
科目 内容
教育実習事前事後指導(幼稚園) 幼稚園教育実習に向けての準備、実習後の振り返りを行い、教員としての資質を高める基礎を築きます。
保育実習Ⅰ指導 保育実習(保育園、施設)に向けての準備、実習後の振り返りを行い、保育士としての資質を高める基礎を築きます。
保育実習Ⅱ・Ⅲ指導 保育実習(保育園、施設)に向けての準備、実習後の振り返りを行い、保育士としての資質を高める基礎を築きます。
インターンシップ事前事後指導 インターンシップを実施する際に不可欠な専門・一般知識の習得及び教育業界の分析を進めるとともに、インターンシップ開始までに身につけておくべき、ビジネスマナーや保育技術の習得を図る。
留学準備 後期の留学に向け現地の基本情報を知り、留学中のトラブルや、アクシデントに備えます。
一般教養
科目 内容
文章力トレーニング 大学科目のレポート作成に必要な知識を身につけます。
パソコン演習Office総合 ビジネスで求められるパソコンスキルの基本操作を習得します。
ビジネスマナー 実際に仕事を始めても困らないよう最低限必要なビジネスマナーを学びます。
キャリアデザイン 面接やグループディスカッション対策を中心に内定獲得へ向けた実戦形式的授業を展開します。
ホスピタリティ 保育者にとって必要とされるホスピタリティを学びます。
プレゼンテーション & Speech プレゼンテーションとスピーチについて学びます。

こども教育コース[姫路大学カリキュラム]

姫路大学教育学部こども未来学科通信教育課程カリキュラム
科目 内容
保育原理 保育に関する考え方や制度を中心に、保育者として保育の在り方を考えていくのに必要な基礎的な知識の習得を行います。
保育内容総論 保育所・幼稚園の保育所保育課程の全体構造を知り、計画、実践、評価、改善の全体を理解することを目指します。
保育実習論 学外で直接こどもたちとかかわる保育の実習を前にして、実習の心構え、評価、実習簿の記入法、指導案の作成などについて学びます。
こども学概論 「こども」が将来の社会のデザインに向かえるように提言をし、ともに社会を作っていこうとすることについて考えます。
体育 幼児期において体を動かし遊ぶことがいかに大切であるかを、自ら体を動かし、楽しさを体験しながら考えます。
こどもの保健 小児保健実習の必要性を理解し、乳幼児の月齢・年齢に相応した発育・発達について講義、実習を行います。
こどもの食と栄養 栄養に関する基礎知識、食生活、食欲や味覚、食育に関する理論と実践について学びます。
保育の表現技術(身体) 造形活動を行う上で必要な用具、描き作るために必要な絵画や図工の知識や技能を習得します。
図画工作Ⅱ こどもの造形の指導援助者として、保育の実践的展開を支える造形の技能の習得を目指します。
保育内容(言葉) こどもの言葉の発達や児童文化の制作、実践を行い、言葉に関する研究を深めます。
保育の表現技術(言語) 絵本・紙芝居・お話(素話)、児童読物の特徴と、それらを適切に選ぶ際の注意点を学びます。
保育内容(人間関係Ⅰ・Ⅱ) こどもを取り巻く現状と課題、こころの動きに焦点をおき、他者とのかかわりの中での育ちについて学習します。
保育内容(健康Ⅰ・Ⅱ) 健康や発達について学習し、こども主体で楽しく運動遊びを展開するための指導と援助の実践を学習します。
保育内容(環境Ⅰ・Ⅱ) 保育の基本とされる「環境を通して行う教育」の意味を学びます。
保育の表現技術(声楽) こどもたちが音楽表現の楽しさに気づき、生活へ与える潤いと鑑賞能力を伸ばすことについて学びます。
保育の表現技術(ピアノ) 受講前によく課題曲を練習し、ピアノ演奏は曲の途中でストップしないこと、ソルフェージュでは大きな声で歌えるようにします。
教育原理 教育の目的・意義・方法・内容についての、基本的原則や理論を学習します。
こども家庭支援論 現代子育て家庭の抱える困難を吟味し、今日、どのような子育て支援が必要とされているかを明らかにしていきます。
教育課程論 教育の全体像を教育課程(カリキュラム)でとらえ、論理的・実践的な理解を図ります。
教育心理学 発達理論・人格理論・学習理論・教育評価について学びます。
教育相談 教育相談に関わる理論、知識の習得を通して、教育現場での諸問題等を主体的に考える姿勢を身につけます。
教職論 教職志望者が教職の意義、教員の役割、職務内容について理解し、職責の重大さについて考え、意思を明確にしていきます。
教育実習事前事後指導 幼稚園における保育・教育実習のための準備を行います。
憲法 憲法の概要、近代立憲主義の成立とその背景思想、日本国憲法の条文の読み方について学習します。
発達心理学 こどもの様々な能力や状態を理解し、科学的な人間理解をベースにこどもの行動のしくみを学習します。
社会福祉論 遊び仲間がいない、場所がない、遊ぶ時間がないという課題に取り組む社会福祉について学習します。
社会的養護Ⅰ 児童福祉と養護について、児童を取り巻く環境について、保育所、児童養護施設などの施設養護について学びます。
社会的養護Ⅱ 家庭の変容等によるこどもの社会的不適応、その問題解決のために生き抜く力、適応性を育成する社会的養護について学習します。
特別支援論 障害とはなにか、施策の動向、就学相談及び障がい者保育の実際や配慮事項について学びます。
乳児保育 乳幼児の発達課題、子育て支援について学び、言語文化財の制作と実践を行います。
健康科学 今日の健康上の諸問題について考察し、健康生活を送るための体の組み立て、機能と、運動が身体面に与える影響について学びます。
スポーツ(実技) 運動科学へのアプローチを行い、バドミントン、卓球、バレーボールなどの基本練習、ゲームへの展開などを実践します。

※カリキュラムは2020年度実施例です。

オープンキャンパス 資料請求