• 留学生はClick!
  • オープン
    キャンパス

  • 資料請求

  • 交通
    アクセス

  • お問い合わせ

キャンパスニュース

2022.04.20

こども教育

三つ子の魂 百まで・・・

「三つ子の魂、百まで・・・」ということわざがあります。
「三つ子」とは、3歳から5歳を指すようで、教育において、「その頃の関わりが非常に大切だ・・・」ということです。
よくも悪くも、その頃受けた愛情は百才になるまで、しっかりとその子の中で息づき、「今後の成長に大きく響く」とのことです。習性やくせ、仕草、考え、なども育まれる次期です。
しっかりとその時期、スキンシップをして、愛情を注ぎ、優しい言葉がけを行い、考える力を養ってあげたいと思います。
「逆もまた真なり・・・」で、その時期に寂しい思いをさせたり、怖い思いをさせたり、疎遠な関係を作ってしまうと、その習性は百まで続いてしまいます。
そんな多感な、発達課題の多い時期に、「保育士さん、幼稚園の先生」として携わることのできる、こども教育コースの卒業生は幸せですね
しっかりと「愛情を目いっぱい」注いでくださいね!

また、そんな脳の柔らかい時期に英語をたくさん学べるような「インターナショナルスクール」で育つ園児たちは英語脳になるのかな



 

オープンキャンパス 資料請求